毛穴トラブルは睡眠不足でも引き起こされる?その原因とメカニズム!

キレイを目指す女性の天敵、毛穴の開きや毛穴のたるみ、毛穴の黒ずみ…。

 

このサイトではその一番の原因として加齢によるターンオーバーの衰えを挙げてきましたが、他にも様々な原因を考えることができます。

 

このページではその中のひとつ、そして普段の生活の中でも一番密接した関係である「睡眠不足」についてまとめてみました。

 

睡眠不足で毛穴トラブル?その関係とメカニズム!

 

毛穴のたるみや開き、黒ずみ…それら毛穴トラブルのない肌を保つには定期的なターンオーバーを保つことが大切。

 

そしてこのターンオーバー、簡単に言ってしまえば肌の再生ですが、この再生が一番活発に行われるのが睡眠中なのです。

 

体内の栄養やエネルギーは日中…つまり起きている時間帯は脳の活動にその全てを費やしています。
それらのエネルギーが肌の再生に使えるようになるのが睡眠中、そして肌の再生には6時間程度がかかるといわれています。

 

そして肌の再生やターンオーバーをスムーズに行ってくれる成長ホルモンという成分があります。

 

この成長ホルモンが1日の中で一番多く分泌される時間が22時〜2時までの4時間
この時間帯に睡眠を取っておくことで、より効果的な肌の再生やターンオーバーが行えるのです。

 

加齢によるターンオーバーの衰えに、睡眠時間や睡眠のタイミングによる不足が加えられてしまうと肌はより一層乱れ、毛穴トラブルの原因となってしまいますので注意が必要でしょう。

 

 

睡眠不足はストレスとも関係してくる?

 

精神的なストレスも毛穴トラブルと関係してきますが、睡眠不足もまた、精神的なストレスを引き起こす原因のひとつとなってしまいます。

 

逆にいうと安眠やしっかりとした睡眠の確保は毛穴トラブルを防ぐだけでなく、ストレスによる肌の劣化なども防ぐことに繋がっていきますので、疎かにできない大切な要素だといえるでしょう。