毛穴トラブルの一番の理由は加齢?その原因とメカニズムを徹底研究!

毛穴のたるみ毛穴の開き、そして毛穴の黒ずみ…いつの時代も女性を悩ませる3大毛穴トラブルですが、その一番の大きな原因は加齢によるものだといわれています。

 

毛穴トラブルを感じ始める年代は30代からが最も多く、年齢を重ねるにしたがってどんどんと増加していきます。

 

 

では、実際に加齢…老化と肌トラブルがどのような関係にあるのか、このページではそれをまとめてみました。

 

 

加齢によって失われるもの、起き始める肌トラブルの関係

 

加齢によって失われる一番大きなものはターンオーバーの正常なリズムです。

 

ターンオーバーとは新陳代謝のこと。
肌の奥で新しい細胞が日々生まれ、代謝活動を行いながら押し上げられていき、やがて表皮としてバリアーの役割を行い、垢となって剥がれ落ちる…
この一連の流れを、個人差はあるものの約28〜30日の間で行っているのがターンオーバー。

 

加齢によってこのターンオーバーの期間が長引いてしまうことにより、古い表皮がいつまで経っても肌の表面に残ってしまい、毛穴のたるみや毛穴の開き、毛穴の黒ずみの元となっていってしまいます。

 

ターンオーバーにはアミノ酸やコラーゲン、ビタミンC、エラスチン、セラミドなど様々な栄養が必要。
これらの生成力が年齢と共に衰えてしまうため、ターンオーバーの期間が長引いてしまうといわれています。

 

 

加齢によるターンオーバーの乱れを解消させるには?

 

ターンオーバーが乱れることで毛穴のたるみや開き、黒ずみなどのトラブルが起きてしまうのならば、ターンオーバーを正常化させることでそれらを解決できるということ。

 

上でも少し書きましたが、加齢によるターンオーバーの乱れは必要な栄養がしっかりと生成できなくなってしまうために起こってしまいます。

 

そのため、その成分をしっかり補充できるコスメなどを使用することで不足分を補うことがトラブル解消のために一番お勧めできるといえるでしょう。