ピーリングジェルは毛穴のケアに有効?その効果とデメリットに迫る!

加齢と共に目立ってしまう毛穴の開きや黒ずみ…そういったケアのためにピーリングを行っているという人もよく耳にします。

 

ピーリング用の化粧品なども多数販売されていますし、エステやクリニックなどでも施術が行われているので効果は期待できそうですが、
ピーリングとは一体どんなものなのか、効果やデメリットはあるのか、このページではそれらをまとめてみました。

 

 

ピーリングとは?どんな効果があるの?

 

ピーリングとは一言でいってしまえば皮を剥ぐ、取り去るという意味。

 

それだけ聞くと怖い印象を持ってしまいがちですが、実際には主に古い角質を取り除くだけの昔から馴染みのあるケア方法の一つです。

 

 

人の肌は年齢を重ねるごとに新陳代謝が衰え、ターンオーバー(古い肌を除去し、新しい肌を作ること)が低下してしまいます。

 

そうすると古い角質がいつまでも肌に残ってしまい、それが毛穴の黒ずみに繋がります。
また、肌の浸透率が悪くなり、化粧水や乳液などの浸透もしづらくなってしまいます

 

 

そこで、古い角質を落とすために行うのがピーリング
コスメではジェルタイプのものや石鹸タイプのものが販売されており、顔に馴染ませてマッサージすると古い角質がポロポロと取れていきます。

 

 

古い角質を除去することで新しい肌に生まれ変わりやすくなり、水分や美容成分も浸透しやすくなる。
結論からいえば、ピーリングジェルなどを用いた毛穴ケアは十分に有効的、といえるでしょう。

 

 

ピーリングのデメリットとは?

 

ピーリングのデメリットとして、肌への負担が上げられます。

 

肌本来の力が衰えてしまって落とせない角質を無理やり落とすのですから、多少なりともダメージを受けることからは逃れられません。

 

感じ方も個人差があり、肌の弱い人はピリピリするなどの痛みを感じる人もいるようです。

 

また、ピーリングは古い角質を落とすだけなので、肌の新陳代謝を活性化させなければまた角質が溜まってしまうだけ。
同時にしっかりとしたケアも必要となります。

 

肌へのダメージを考えて、使用は週に1〜2回程度
肌の新陳代謝を活発化させるケアと同時に行うことが必要だといえるでしょう。