セラミドの効果とは?毛穴ケア化粧品に採用される人気成分の働き!

年齢を重ねると共に目立ってきてしまう毛穴…そのケア化粧品を選ぶために大切なのは、肌のハリや弾力を取り戻せる成分が入っているか。

 

そしてもう一つ重要な要素、それが保湿能力です。

 

 

加齢と共にグロースファクターやコラーゲンの生成が減ってしまい、それが肌のたるみの原因となってしまいますが、実はもうひとつ、セラミドと呼ばれる成分も減少してしまっています。

 

保湿能力とセラミドの減少にどのような関係があるのか、このページではそれをまとめてみました。

 

 

セラミドとは?どんな効果があるの?

 

セラミドはスフィンゴ脂質の一種で、スフィンゴシンと脂肪酸がアミド結合したもの。

 

というと何だか難しくなってしまいますが…肌の細胞同士を接着させる働きを持っていて、肌細胞の間に存在し、水分や油分をため込んでくれる、優秀な保湿成分なんです。

 

セラミドはもともと人間の肌に存在していて、同様に水分や油分を溜め込む細胞間脂質の40%〜60%を占めています。
セラミドの保持量には個人差があり、元々少ない人は乾燥肌といわれたりもしますね。

 

そしてセラミドは年齢と共に失われていきますが、そうすると肌はうるおいを保つために皮脂を分泌しようとより大きく毛穴を開こうとします
これが毛穴の目立ちの一要因になるんです。

 

 

これを防ぐためには、美容成分によって肌の弾力やハリを取り戻そうとするだけでなく、保湿も合わせてしっかりと考えていく必要があります。

 

セラミドを摂取してうるおいを取り戻すことで、より毛穴の目立ちにくい肌が期待できる、といえますね。

 

 

セラミドは多くの毛穴ケア化粧品で使用されています

 

セラミドはその保湿能力だけでなく、外部の刺激から肌を守るバリア機能のようなものを備えています。
また、元々人が持っている成分であるために数多くの化粧品に使用されている人気成分でもあります。

 

とはいえ全てのコスメに配合されているわけではないので、毛穴ケア化粧品を選ぶ際にセラミドが配合されているかを一つの基準とするのもとても有効的だと思います。

 

 

セラミド配合の人気毛穴ケア化粧品は?