毛穴ケア化粧品に含まれるレチノールの働きとは?その効果に迫る!

加齢と共に起こる肌のハリ・弾力不足やうるおいの低下…そのために目立ってしまう毛穴

 

若々しく、美しい肌を保つためにこの毛穴をケアすることはとても大切ですが、コラーゲンを塗るだけでは皮膚の奥に浸透しないなど、正しい知識を持つことが必要となります。

 

このページで紹介する美容成分レチノールは、グロースファクターやビタミンCなどと共に、肌のハリ・弾力を取り戻すために重要な働きをしてくれるといわれています。

 

レチノールとはどんな成分なのか、まとめてみました。

 

 

レチノールとは?どんな効果があるの?

 

レチノールとはビタミンAの一種のこと。

 

他にもレチナールレチノイン酸などがあり、その総称としてビタミンAが存在します。

 

美容成分としてのレチノールの働きは肌の新陳代謝を促し、コラーゲンを増やす作用があるといわれています。

 

通常、肌に塗るだけではその分子の大きさから肌の奥(真皮)まで浸透することができないコラーゲンですが、レチノールによって生産が促進されれば、肌のハリや弾力を取り戻すことが期待できる、ということですね。

 

また、肌のハリや弾力を取り戻すことで、目立ってしまった毛穴のケアだけでなく、たるみやシワの解消にも効果が期待できます。

 

ただし、レチノールは日光にあたると効果が弱るという弱点があります。
そのためレチノールが配合された化粧品を使う際は夜に限定するなど、日光にあたらないようにする工夫が必要となるので注意が必要です。

 

 

レチノールはクリニックでも使用されている!

 

美容外科やクリニックなどでもレチノールをつかった美容施術が行われています。

 

その際使われているのはレチノールを更に強力にしたレチノイン酸
こちらは医薬品という扱いになり、効果が高まる反面扱いが難しく、赤みや炎症などの副作用が起きる場合もあるので注意が必要です。

 

もしクリニックなどで施術を行いたい場合は、担当医師の話をしっかりと聞くようにしましょう。

 

 

化粧品に使われているレチノールは安全性をしっかりと配慮されている分、その効果もやや弱まっていますが、気軽に扱うことができるという面では優れているといえますね。

 

 

レチノール配合の人気毛穴ケア化粧品は?