毛穴の黒ずみの原因は古い角質と皮脂詰まり!効果的に改善するには?

たるみ毛穴や毛穴の開きと同じくらい、毛穴の悩みで多いのが毛穴の黒ずみ

 

特に鼻の頭やTゾーンにかけて見られるのが特徴的で、汚れかと思ってただ洗顔を行ってもなかなか落とすことができず、放っておくとどんどん悪化している気がする…なんとも頭を悩ませる症状です。

 

この毛穴の黒ずみも加齢が原因で起こるものがほとんど。

 

ではそのメカニズムや対処法はどんなものがあるのでしょうか?

 

まとめてみました。

 

 

毛穴の黒ずみができてしまうメカニズム!

 

まずは毛穴の黒ずみの正体ですが、その正体は古い角質や皮脂が詰まり、酸化してしまったもの

 

年齢を重ねるごとに皮膚はそのうるおいを失っていってしまいますが、それを補うために毛穴を開き、多くの皮脂を分泌しようとします。
また、年齢によるターンオーバー(皮膚の再生)の衰えにより、新しい角質の生成ができず、いつまでも古い角質が肌に残ったままに。

 

これらが固まって角栓と呼ばれるものができます。

 

角栓の奥でアクネ菌と呼ばれる菌が増殖すると、いわゆるニキビとなります。

 

この角栓がいつまでも肌に残ってしまい、紫外線などで酸化することによって黒ずんでいく

 

これが毛穴の黒ずみのメカニズムとなります。

 

 

鼻の頭やTゾーンは他の部分より皮脂の分泌が多いので、毛穴の黒ずみはこうした部分に特に現れやすいとされています。

 

 

毛穴の黒ずみの効果的なケア方法は?

 

ケア方法としては、黒ずみになってしまった古い角質をしっかり洗い落としてあげることが必要となります。

 

ですが、ただ洗い落としても肌の状態を改善してあげなければまた同じことが繰り返されてしまいます

 

 

肌の再生能力(ターンオーバー)を活性化させたり、加齢によって衰えてしまった保湿能力を底上げしてあげる必要があるといえますね。

 

 

毛穴ケア化粧品の中には洗顔や美容液などがセットで販売されているものも多いので、そうしたコスメで効果的にケアするのも美しい肌を守る方法だといえるでしょう。