たるみ毛穴の原因とは?加齢によって起きる肌トラブルの真相を究明!

毛穴のエイジングケアとして多くの女性が関心を寄せている「たるみ毛穴」

 

その名の通り毛穴がたるむことによって大きく広がってしまい、結果くすみや年齢を感じさせる肌になってしまうなど、見た目に多大な影響を与えてしまいます。

 

たるみ毛穴ができてしまう原因は老化による肌のハリ・弾力不足だといわれていますが、それらがどう影響を及ぼしているのか。

 

このページではそれらを詳しく解説してみようと思います。

 

 

たるみ毛穴ができてしまうメカニズム!

 

たるみ毛穴は、主に小鼻の脇から頬に向けて現れる楕円状に広がった毛穴を指します。

 

それらは加齢によってたるんだ肌に引っ張られ、広がってしまった状態なんです。

 

 

皮膚は、外側から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層に分かれています。

 

このうち、皮膚のハリや弾力を支えているのが真皮層で、コラーゲンエラスチンといったたんぱく質や、ヒアルロン酸によって形状やうるおいを保ってくれています。

 

コラーゲンやエラスチンは日々新しいものが生成されていきますが、その量は年齢と共に減少。
特にコラーゲンは、20歳を境にガクッと量を減らしてしまうといわれています。

 

これら成分が減少してしまい、肌はハリや弾力を保てなくなってたるんでいく。
それに引っ張られるように毛穴も広がってしまい、たるみ毛穴となってしまうのです。

 

また、たるみ毛穴が進行し、それらが連結することでシワになってしまう「帯状毛穴」と呼ばれる状態も存在するので決して疎かにはできません。

 

 

たるみ毛穴の効果的なケア方法は?

 

このサイトでも何度か触れていますが、たるみ毛穴の一番のケア方法は肌のハリ・弾力を回復させること。

 

そのために真皮層に存在しているコラーゲンやエラスチンといった成分の生成量を増やしてあげることが大切です。

 

コラーゲンを直接肌に塗ることや経口摂取することではあまり効果がないことも研究で分かっていますので、グロースファクタービタミンCレチノールといったコラーゲンの生成を助ける美容成分を取ることで、生産量の底上げを助けてあげましょう。